RSSおすすめ記事です

スポンサーリンク

医療向けAIの開発競争で中国が優位に立つ可能性

ニュースAI

AI3

スポンサーリンク

1: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 03:20:07.17 ID:CAP_USER

医療向けAI技術の開発が進んでいる。医師が患者のX線画像を読み取りやすいよう手助けするアルゴリズムがそのひとつだが、この技術開発を巡る競争で中国が優位に立つ可能性があるという。背景には大規模な人口を抱え、プライヴァシーに関する規制が比較的緩い国内事情があった。

ノースカロライナ州の医療向けAI技術のスタートアップであるウェイク・レイディオロジー(Wake Radiology)では、50人ほどの医師たちが地元の医療機関のX線画像などを注意深く調べていた。数週間後には、肺のCTスキャンの一部について、がんの可能性のある細胞組織の結節を見つけ出す機械学習アルゴリズムの助けを得られるようになる予定だ。

ウェイク・レイディオロジーのオフィスは、ハイテク研究開発基地が集中していることから「リサーチ・トライアングル」と呼ばれているノースカロライナ州中央部に位置している。ところが、肺の画像を読み取るソフトウェアはずっと遠くでつくられた。中国だ。

インファーヴィジョン(Infervision、北京推想科技)は、北京に4年前に設立されたばかりの新興企業だが、これまで何百万というCTスキャン画像を中国の病院から集め、アルゴリズムの訓練とテストを実施してきた。中国の企業にとって、医療データを集めることは米国の企業に比べてかなり簡単な作業である。患者の人数がはるかに多く、プライヴァシーに関する規則に縛られることも少ないからだ。

「米国、特に大規模な大学病院では、データを得るためにたくさんのプロセスを踏まなければならず長い時間がかかってしまいます」とインファーヴィジョンの主任研究者ドン・ユーフォンは言う。

中国の医療機関でも、研究に使う記録を匿名化するなど、患者のプライヴァシーに配慮する措置を講じており、プライヴァシー保護の動きは強化されつつあるとドンは言う。それでも、米国ほど多くの規則や外部の規制プロセスに縛られているわけではない。「中国では、米国ほど規則がきちんと定められているわけではありません」とドンは言う。

AIで画像診断のスピードアップを狙う
肺の結節を見つけ出すアルゴリズムをつくるために、インファーヴィジョンは、北京の一流の研究機関である北京協和医院問診センターなど、中国の協力機関から40万件を超える肺のスキャン画像を集めた。同社は2年以上にわたって1枚1枚の画像を北京のオフィスに送り、それらを3人の放射線科医が検討してきた。

この医師たちの解釈が、画像処理アルゴリズムを訓練・テストするための素材となった。インターネット企業が猫、犬、人間を識別するシステムを訓練するのと同じ方法だ。インファーヴィジョンは中国、米国双方の学術誌に、自社のアルゴリズムの性能について専門家の評価を経た研究論文を発表している。上海長征医院での予備研究では、ふたりの放射線科医が、インファーヴィジョンの製品を使うことで肺の結節を判断する能力が大いに向上することを確認したという。

ウェイク・レイディオロジーの主任医療担当者で放射線科医のウィリアム・ウェイは、自社の医師たちも生産性を上げることができると期待している。このテクノロジーがヴァーチャルなアシスタントとなり、医師は画像の解釈という難しい仕事をさらに正確に、矛盾が生じないようこなすことができるようになると考えているのだ。「肺の結節を見つけるのはすごく大変なんですよ」と彼は言う。

インファーヴィジョンのソフトウェアの目的は、放射線科医の仕事をスピードアップさせることであって、診断ではない。今後10年以内にAIが診断を下せるようになるとは思えないとドンは言う。同社はいま、米国での製品販売を目指して米食品医薬品局(FDA)の認可を求めているところだ。それまでは、ウェイク・レイディオロジーやスタンフォード小児病院などテストに関心をもつ米国のパートナーに、このソフトウェアを無料で提供していくという。

同社はドイツと日本にもオフィスを開いた。中国では、骨折や肺気腫など別の問題を見つけることができるように肺の画像分析のソフトウェアを改良しているほか、脳のスキャン画像を分析して脳卒中の兆候を見つけるためアルゴリズムをテストしている。

中国の強みはデータを入手しやすいこと
以下ソース
https://wired.jp/2019/03/06/health-care-data-lax-rules-china/

72: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 17:24:45.11 ID:+bPoCQf7
>>1
えぇー?この分野、富士フイルムに期待してんだけど…

 

2: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 03:25:58.88 ID:09SB3u5U
日本もアメリカもオワコン

 

4: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 03:32:08.31 ID:ro3KM64m
どうせ日本では医師会の反対で使えない

 

5: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 03:55:39.17 ID:gJyA4xPv
人権意識の低い中国で色々やべえやつも含めて試験されるというのは
日本にとっては歓迎すべきことだろう
頑張れ中国

 

8: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 04:23:10.19 ID:PtOTIUN9
別に医療AIに限らず、研究開発一般で中国が規定がゆるくて有利なんじゃね

 

56: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 14:48:38.15 ID:TworpxqK
>>8
これだよ本質は
透析云々でここまで騒がれんのにAIの判断ミスなんてあったら、
朝から晩まで騒がれるわ

 

107: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/11(月) 05:28:23.41 ID:C0H21ftv
>>56
日本が作ったら恣意的に運用しそうだから中国製でいいよ

 

13: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 05:10:38.48 ID:dNK8u2C9
怖えー

 

15: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 05:24:49.84 ID:tjvWre6F
他国がどこもできない「臨床試験」や「移植技術」の実績データが豊富だから完璧だよ

 

18: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 08:53:47.88 ID:7kTt7BdR
人口13億も居て人権に緩い中国ならデータも豊富で
医療分野のAIなら将来世界でトップになりそう。

 

22: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 09:57:57.48 ID:99ymoN56
医療関係者団体の強烈な抵抗があるのかもしれんが、日本じゃさっぱり進まんな
進まんと言うか話自体が全く出てこない
まー、、、AIを医療に適用する等と言う無謀な話よりも基礎研究の方が大事か

 

23: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 10:08:26.89 ID:ZTMBZu5a
>>22
AIで無意味と思われてた実験データが意外な所に関係してたとか分かるだろうし
基礎研究も中国に一気に抜かされると思うぞ

 

26: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 10:11:25.09 ID:2huBZaGX
画像診断装置はまだ作れてないけど
あと10年もすれば可能だろうな
GEやシーメンス、キヤノンもいずれ日本の家電メーカーと同じ道を辿るのか

 

31: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 10:46:03.81 ID:NIpTOf3J
医者だが、最近報告されているAIの画像診断能力は、人を超えている。
ただあくまで医者の補助ツールとしておさまると思う。
今でも採血検査結果だけあれば、ネットででも調べれば患者もある程度診断できるだろうけど、患者の多くは高齢者で治療法など必ず専門家に説明してもらおうとするしね。
医者の中にもAI脅威論を訴えている人もいるが、俺はAI診断を積極的導入するつもり。

 

34: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 11:03:18.90 ID:Jf9n20Zb

>>31
AI診断を医師の補助に使えば誤診が減るので、
医師も医療訴訟を考えたら積極的に導入した方がいい。

ただ、未来は内科医不要になる。遠い遠い未来は外科医も不要になる。

 

35: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 11:07:05.04 ID:3CUiYd5s
>>34
AIは誤審の責任取れないから、医師は残るよ。
医療の人的負担軽減は大きな課題。
今も中核病院の待ち時間は数時間になることも多いと思うけど、
それが短くなるかもしれない。

 

54: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 14:12:32.36 ID:e9/A+1Iw
>>35
同意
元PACS屋ですが AIは診断というより解析補助ツールとして広まっていくでしょうね
診断はあくまで医師が決定するでしょうが
長時間労働から少しは解放されるのでは

 

44: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 12:17:40.75 ID:zfI7UuPo
>>31
画像診断はAIに任せていいね
何百枚もの画像を瞬時に見分ける能力で異常箇所を抜き出して技師と医師が最終確認

 

52: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 13:33:45.97 ID:Sl6ydFe1
画像解析はサンプル数がモノをいうから
規制とか抜きにしても人口多い中国が圧倒的に有利だな

 

57: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 14:51:27.67 ID:PIN+hZMs
医療AIはあと少しで劇的に進歩するだろうなあ。
画像データもある程度一定でAIが判別つけやすいし
初期発見確率がかなり向上すると思う。

 

70: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 17:04:59.10 ID:fVxjJS14
日本だってカルテから氏名削ればデータリンク共用は出来るんじゃね
医療写真とかその手の奴だろうし

 

76: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 18:12:20.81 ID:52Kgtxt+
実際問題はわからないけど、日本は医者が偉すぎて、AI化が進まないと思う
何の分野にしても、旧来利権を守る動きが強すぎる
電気製品みたいに外からやられる分野以外はみんなそうだ

 

82: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/10(日) 18:58:33.18 ID:It4Lm57h
AI導入は普通に進むと思うが、一般化には20年ぐらいかかると予想。電子カルテすらすぐには
広まらなかったから。ただ一旦導入されると画像診断の仕事は大幅に減るわけで、医師増員政策とあいまって
失業する人もそれなりに出るだろう。働き方改革ついでにワークシェア(=低賃金化)を進めた方が良い。

 

101: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/11(月) 02:35:05.49 ID:LoWzeN/0

Eテレでもやってたけど
アメリカのカリフォルニア大学の心臓移植手術の順番決めるのに、すでにAIが使われてるんだな

怖いのはAIがどうゆう基準で決めてるのか人間はさっぱりわからない、というとこ
なんかあったらAIを訴えるんだろうか

 

110: 名無しのシステムエンジニアさん 2019/03/11(月) 09:00:39.35 ID:a1mou7Ak
どこの国の技術でも世の中のためになるなら有難いこと。

Posted by flac