RSSおすすめ記事です

スポンサーリンク

ライブ顔認証システムが見つけた「容疑者」のうち81%は無実

ニュースセキュリティ

カメラ

スポンサーリンク

ライブ顔認証システムが見つけた「容疑者」のうち81%は無実

1 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 02:22:36.98 ID:CAP_USER.net

https://gigazine.net/news/20190705-live-facial-recognition/

ロンドン警視庁が運用している、監視カメラの映像内に写った顔とデータベースの顔写真を照合して容疑者を見つけ出すライブ顔認証システム(LFR)は「極めて不正確な精度で運用も不透明」と指摘を受けています。このたび、ロンドン警視庁からの依頼を受けてLFRに関する調査が行われ、「容疑者」と認識された人のうち81%が無実だったという精度の低さが浮き彫りとなっています。

LFRは自動顔認証システム(AFR)とも呼ばれ、2016年8月に「ノッティングヒルカーニバル」で初めて導入されて以降、他のイベントでも使われてきました。しかし、2017年のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦では2000人以上のサッカーファンが犯罪の容疑者と誤判定されるなど、その精度には以前から疑問が投げかけられていました。

これを受けて、システムを運用しているロンドン警視庁はエセックス大学に調査を依頼。ピート・フュッシー教授とダラー・マレー博士が調査を行い、独立した報告書を提出しました。

報告書では、国内法でLFRを使用するための明示的な許可がないため、裁判所が異議を申し立てた場合、警察によるLFRの展開が違法と判断される可能性が高いと指摘されています。

また、具体的な問題点として、調査対象の事案の中で、LFRにより抽出された容疑者の数は42人いましたが、本当に犯人だったケースは8人で、34人が無実だったという指摘があります。これは、LFRによる容疑者の認識精度がわずか19%だったことを示しています。その一方で、ロンドン警視庁の用いていた測定基準では、エラー率は「0.1%」でした。

そもそも、監視対象とする人物のリストに掲載される基準も明確ではなく、LFRで特定しようとしていた人々はカテゴリーもばらばらだったとのこと。リスト自体も正確さを欠き、すでに裁判が終わっている人物がリストに掲載されている事例もあったそうです。

運用自体にも問題が指摘されており、反監視キャンペーングループ・ビッグブラザーウォッチのシルキー・カルロ氏はSky Newsに対して「問題は、ロンドン警視庁がLFRの使用中止をいつ決定するかということです」と語っています。

一方で、LFRを運用するロンドン警視庁のダンカン・ボール氏は「報告書が否定的で不均衡なトーンであることに失望しています。我々は、ロンドンを安全にするために犯罪と戦うにあたり、大衆が革新的な方法を期待していると考えています」と述べています。

■■ソースに引用URLあり


スポンサーリンク

ネットの反応

33 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 12:04:26.85 ID:vhkZiMbR.net
Left Caption

>>1
最近はリアルなマスクも多いから
顔認証なんて簡単に突破できるけどな
防犯カメラも過信してるやつら多すぎる

8 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 03:13:39.43 ID:8AHLbSdW.net
Left Caption

>>1

支那も実際はこんなとこなんだろうなwww

恐ろしいwww

11 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 03:25:38.94 ID:FCWslHz5.net
Left Caption

>>8
中国は携帯の位置情報などとリアルタイムでリンクさせて本人判定の精度を上げている。

イメージとしては、スコットランドヤードは通行人の顔から、犯人を見つけようとするものなのに対して中国ではもともと誰かわかっている人の行動を各社で記録し続けている。

2 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 02:27:02.43 ID:7km2X7ks.net
Left Caption

ほとんどが黒人だったという落ち?

10 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 03:21:05.85 ID:FCWslHz5.net
Left Caption

>>2
違う。
一般的な顔認識に比べて公衆を対象とした顔認識システムは認識に使えるリソースがとても少ない。
そして多くの場合、レンズは歪んでいるし、画像内の顔の位置はバラバラでかつ大きさもピンキリ、向きも色々。

例えばある容疑者の目と目の距離が85.6mmとわかっていたとして、レンズの補正、位置の補正、向きの補正などを繰り返し行うと誤差は±数センチになってそれっぽい顔であれば候補の中に入ってしまう。
一方で犯罪者は可能な限り監視カメラを避けたり顔が映りにくいように動くから、現実に映っている顔から犯人の顔と似た顔を探すと別人ばかりを見つけてしまうわけだ。

これは現実の技術と現実に配置されている監視カメラを使え以上避けることは難しい。

5 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 02:32:17.13 ID:c261H8KI.net
Left Caption

AI「精度は徐々に向上し後退はない

7 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 02:53:30.89 ID:fMV8n9VA.net
Left Caption

打率2割ならあと一息だな。
でも契約更新は可能な成績だろ。

9 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 03:13:50.76 ID:FyS9M6EA.net
Left Caption

顔認証システムが見つけた「容疑者」のうち81%は無実
ってなんかちょっと話がずれてるような
探していた人間でなかった割合を議論しないと

38 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 15:07:59.30 ID:h2zzSRW3.net
Left Caption

>>9
「探していた容疑者じゃなかった」っていう意味で「無実」って言ってるんでしょ
そうじゃないと意味が通らない。別に有罪無罪を判定する機械じゃないんだから
文章を書くのが下手クソなだけ

15 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 03:56:32.90 ID:fMV8n9VA.net
Left Caption

職質で声をかけた奴のうち2割が犯罪者だったら相当優秀なんじゃない。

22 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 10:16:04.84 ID:7hHKV14C.net
Left Caption

顔認証の実際の運用上の精度なんてそんなもんだよ。
余り信じすぎると冤罪を生む。

23 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 10:17:46.92 ID:IrNFXDuk.net
Left Caption

20%当たるなら上出来では?

28 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 11:19:05.99 ID:18l8jsMP.net
Left Caption

まあ当然の結果だろうな
指紋でさえ一致率90%程度でやれば複数の人が一致するぞ

形状による判別なんてその程度なんだよ

29 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 11:28:08.73 ID:18l8jsMP.net
Left Caption

精度上げるには解像力が全然足りない。
その解像力は光学性能に依存するのでハードに無知なソフト屋が
いくら頑張っても無駄。光学性能も限界あるからな。

30 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 11:30:23.47 ID:0xtvByLY.net
Left Caption

容疑者候補を見つけるものだとしたら十分な精度だと思うけどね
後は人間が絞り込んでいけば良い
最初から全部の画像を人間がチェックするのよりはずっと効率がいい

31 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 11:50:35.99 ID:7hHKV14C.net
Left Caption

>>30
警察ならまだいいんんだよ。
一般のショッピングセンターなどのものは、素人が運用してるからトラブルが出ると思うけどね。

34 : 名無しのシステムエンジニアさん 2019/07/06(土) 12:25:29.66 ID:NhrBHXS/.net
Left Caption

>>31
バイトテロみたいに気に食わない人間をブラックリスト登録する事案は確実に発生するだろうね。

Posted by flac